読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸七福神巡りしてきた①

七福神巡りが好き。

御朱印集めが好き。

神社やお寺を見て回るのが好き。

今回のGWは、神戸の七福神巡りをしようと決めてたので、まずは半分行ってきました😊

f:id:xupax:20170502224753j:image

 

 f:id:xupax:20170503024832j:image

色紙に書いてもらうつもりだったけど念のため御朱印帳(お守り的な)と、五円玉たちを連れて、出発!

 

生田神社

f:id:xupax:20170502230748j:image

福の神 :弁財天

御利益 :良縁成就、学徳成就、諸芸上達、福徳施与

最寄駅 :阪急神戸三宮駅、北へ徒歩約5分

f:id:xupax:20170502230646j:image

f:id:xupax:20170502230819j:image

本殿(上)と弁天社(下)

そして頂いた御朱印

f:id:xupax:20170502231050j:image

七福神の中で唯一の女神様で、私が一番好きな神様が祀られています。

某芸能人の結婚式が挙げられたことで有名な生田神社、何度か参拝してるんだけどなかなか恋愛の願いは叶えてくれず…

でもまぁ"良縁"成就だからね、まだ良縁に巡り合えてないだけだよね!

 

長田神社

f:id:xupax:20170502233516j:image

福の神 :恵比須神
御利益 :商売繁盛、除災招福、五穀豊穣、大魚守護
最寄駅 :高速長田駅、北へ徒歩約7分

f:id:xupax:20170502233556j:image

f:id:xupax:20170502233607j:image

本殿(上)と恵比寿様(下)
御朱印はこちら♡

f:id:xupax:20170502234333j:image

静かで鳩がたくさんいる神社でした。

恵比寿様に手を合わせて顔上げたら、目が赤く光ってるように見えたのは気のせいかしら。

駅から神社までの商店街、いろんなお店があったからまたゆっくり歩きたいなぁ。

 

大本山 須磨寺

f:id:xupax:20170503002316j:image

↑ここに映ってるおっちゃんと後にお話する

福の神 :福禄寿尊
御利益 :財運招福、延命長寿、立身出世、招徳人望
最寄駅 :須磨寺駅、北へ徒歩約5分

f:id:xupax:20170503002810j:image

f:id:xupax:20170503002844j:image

本堂(上)と福禄寿様(下)
ここの御朱印、素敵♡

f:id:xupax:20170503004103j:image

撫で仏と言われてるだけあって、みんなに撫でられてるからか頭がピッカピカ!

f:id:xupax:20170503011743j:image

須磨寺実はちょっとナメてたけど(ごめんなさい)、すごく面白かった!

動く五猿いたし

f:id:xupax:20170503012049j:image

「青葉の笛」が弾けるキーボード(?)あったし

f:id:xupax:20170503012215j:image

目が回ったり首が回ったりするカエルがいたし(ダジャレ)

f:id:xupax:20170503012424j:image

他にもおもしろいものがたくさん!

除夜の鐘鳴らせたり重たい数珠乗せてお祈りできたり。

 

そこで出会った先刻のおっちゃん。

おっちゃん『(私の持ってる色紙を見て)それなんなん?』

私「七福神巡りしてるんです。お参りしたところで御朱印をこの色紙に頂いて、部屋に飾るんですよー。」

七福神好きなん?』

七福神も好きだけど、神社とかお寺とか見て回るのが好きで。いい運動にもなるし!」

『そうかぁ、ええなぁ。(手元の紙見せながら)これ読んどき。そこに置いてあるから。陽人さんゆーてな、ここの副住職さんの言葉や。』

「ありがとうございますー見てみます。」

f:id:xupax:20170503014519j:image

それがこちら。

毎月ある写経会でのお話が書かれているみたいで、置かれていたのは3月と4月の分。

その中で強く印象に残った言葉を、ここで一つ紹介したいのです。

『死を意識したことで、生が輝きはじめることがある』

詳しくは改めて書きたいんだけど、本当にその通りで、『自分の前に、突然死が立ちはだかった時、はじめてその苦しみは身に迫って』くるもので、

私が自分の人生をちゃんと歩もうと決めたのは、約一年半前に死を近くに感じてしまった病気がきっかけだったのだけれど、もしあの病気がなかったら、今の私はなかったんじゃないかな。

健康だと死って遠くてあんまり意識しないけど、たまには向き合うことも大切なんだと思う。

 

ところでこのおっちゃん、なんで私にこれを勧めたんだろう。

『アツモリクビヅカは見たか?』

「アツモリ…?」←歴史苦手

『あつもり知らんか、平敦盛。』

「あぁ…聞いたことあるような…」

『歴史勉強せなあかんなぁ』

f:id:xupax:20170503020822j:image

これが例の敦盛首塚

いろいろ説明してもらったんだけど、基礎知識なさすぎてついていけなかったの(汗

この、『歴史勉強せなあかんなぁ』って、例の噛み合わない上司にもよく言われるし、歴史の知識がなくて困ったことがこれまでに何気によくある。

 

私に今必要なものって歴史なのかも。

過去を学んでこれからに活かすためにも。

 

そんなことを考えながら首塚に手を合わせていたら、おっちゃんがいつの間にかいなくなっていて、帰り道(真っ直ぐな一本道)にもいなくて、

あれ、幻だったのかな、もしかして神様がちょっと遊びに来てたのかな、なんて思ったり思わなかったり。

 

これまでに、京都、浅草、大阪の七福神巡りしたけど、こういうことって実はたまにあって、

七福神巡りした日の最後の寺社で不思議なオーラを持つ人とお話して、気付いたらいなくなってて、意味深な言葉を今回みたいに残していくの。

なにかあるのかも知れない。

 

信じるか信じないかは、私次第。ってことね。

 

続きます。→