読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸七福神巡りしてきた②

①はこちら

 

七福神巡り二日目。

今日で終わらせる予定が、思わぬところに落とし穴…二箇所しか回れなかった…

f:id:xupax:20170504100003j:image

離れた四箇所を回るのに、もう少し時間とか時間とか時間とか(!)ちゃんと確認してスケジュール立てるんだったと後悔…

私の後に行く人(がもしいれば)同じ失態を犯しませんよう。

 

湊川神社

f:id:xupax:20170504005926j:image

福の神 :毘沙門天

御利益 :武道成就、厄除開運、家内安全、夫婦和合

最寄駅 :高速神戸駅、東改札から出てすぐf:id:xupax:20170504010448j:image

本殿(ここは本殿に祀られています)

頂いた御朱印がこちら!

f:id:xupax:20170504100116j:image

行ったらタイミングが良かったみたいで、結婚式の最中でした(中央の赤い絨毯に花吹雪が散らばってた)。

幸せオーラをお裾分けして頂いて、ほくほく気分で次へ。

 

再度山 大龍寺

f:id:xupax:20170504011430j:image

福の神 :大黒天

御利益 :開運招福、五穀豊穣、子孫愛育、出世開運、商売繁盛

最寄駅 :(あえて言うなら)各線三宮駅、三宮バスターミナルより市バス25系統(森林植物園/再度公園行)で大龍寺まで約30分、バス停から徒歩約7分(※注意あり)

f:id:xupax:20170504012130j:image

f:id:xupax:20170504012327j:image

本堂(上)と大黒天様(下)

美味しい椎茸茶を頂きながら御朱印を頂いてきました。

f:id:xupax:20170504100337j:image

f:id:xupax:20170504013853j:image

ここはね、もうね、山奥!笑 

 

注意ありって上述したのには理由があります。

まず、最寄りのバス停へのバスは、4-11月の土日祝のみ運行。一時間におよそ一本、最終も16時台のため、最後を逃して乗り遅れると山奥に取り残されます。

f:id:xupax:20170504100353j:image

f:id:xupax:20170504100401j:image

行きのバス(上)と帰りのバス(下、大龍寺発)の時刻表

 

通るのはヘアピンカーブの続く山道で、再度山(ふたたびさん)を大きな車体を揺らしながらバスが登っていきます。

ほとんどの乗車客が終点の森林植物園まで行くみたいなので、大龍寺で降りる人はほとんどいません(山奥に一人降り立ったはいいけど人一人いないからめっちゃ不安になる私←)。

f:id:xupax:20170504100539j:image

f:id:xupax:20170504012534j:image

こんな山道を登って行くとハイキングをしている人たちと何人か出会えます。

 

「こんにちは」

『こんにちは』

「この先にお寺ってありますか?」←不安すぎて確認

『うん、ちょっと行ったところにあったよ』

見つけたときの安堵感といったらもうね、信じてて良かったって感じ。

目の前にはだかる長い階段に一瞬心折れそうになったけど、なんとか到着した本堂周辺、人の気配すらしなくて

「あぁ…ここまで来たのに御朱印頂けないと帰れない…」

「バスに間に合わない…乗り遅れたらそれこそ今夜は帰れなく…」

と一人あわあわしながら、柱に取り付けてあった壊れた受話器を耳に当ててみたり、人が出てくるようにと神様にお願いしたりしてたけど、ちょっと横に行ったところに建物発見して、無事御朱印を頂くことができました。

 

七福神巡りするときは自分ルールがあって、

  • できるだけスマホを使わない(道は人に聞く)
  • 手抜きな服装、メイク、髪型で行かない
  • 御朱印を目的にしない(きちんとお参りする)

など(ほんとはもう少し細かい)決めてるんだけど、

さすがに大龍寺のバス停に着いたときは位置確認しようとスマホ取り出したらまさかの圏外で絶望したよね。笑

 

スマホがあればどんなに遠距離でも一人で回れてしまうんだけど、あえて使わず、そこで出会った人とお話して、その人を信じて、七箇所巡る。

多くの人の支えがあって私は生きていることを実感して、そこで頂いた恩をまた誰かに返すために私は今日も生かされているのです。

 

残り二箇所!

続きはこちら